人間とウェブの未来

「ウェブの歴史は人類の歴史の繰り返し」という観点から色々勉強しています。

思った事

なぜエンジニアの僕は論文を読み論文を書くのか

という話を新卒エンジニア研修座学の最終回で発表しました。 昨日ちょうど、ペパボ研究所の2017年の実績をまとめており、まだまだ国際化は足りていないものの、だいぶ論文を書いたりしているなぁと改めて思いました。 rand.pepabo.com 実績はサマリーは以下…

エンジニアリングや研究開発について思うこと

エンジニアリングや研究開発について思うことをこれまで色々とツイートしたりしてきたが、それを改めて短編エッセイ集のようにまとめて整理し、自分の行動原理や思考を言語化して振り返っていた。以下目次。

僕を育ててくれた技術雑誌 WEB+DB PRESS Vol.100記念

7年前の僕はひとたび外に出ると何者でもないエンジニアでした。会社で周りよりも仕事を覚えてこなすのが少しだけ早い、会社の独自仕様に詳しい、それぐらいだったように思います。 ある日、自分が本屋に行ってふと一冊の技術雑誌を開いた時に、そこに書かれ…

好きなことをして生きていくこと

実はとても難しいことなのである。 hb.matsumoto-r.jp 上記エントリで述べた通り、僕は結局コードを書き、コンピュータサイエンスを学び、フィードバックを頂きながら試行錯誤してOSSを作り続けることが好きで楽しいからずっと続けられているといった。でも…

僕がOSSを作り続ける理由

確かに、自分が欲しいもの・他者が必要とするものを作りたい、とか、承認欲求を満たしたい、エンジニア・研究者のアピールとして、とかあるんだけど、それらはやっぱりあくまで付加的な理由であって、僕にとっての一番の理由であり根源的な理由は、「面白い…

エンジニア・研究者とはどうあるべきか - 2016年振り返りと新生ペパボ福岡基盤チームの紹介

今年は2015年4月にペパボに入社して、1年目が終わり、2年目に突入する年でした。 hb.matsumoto-r.jp hb.matsumoto-r.jp その中で、以下のように今年の抱負を書きました。 一方で、技術力の向上について明らかに努力を怠っていた面については反省し、技術力不…

エンジニア個人が自主的に成長するように促す - エンジニア組織の自律的成長

この記事は、Pepabo Managers Advent Calendar 2016の3日目の記事です。2日目は、弊社チーフエンジニアhsbtさんの「マネージャが仕事の仕組みを作る」でした。 僕自身は、エンジニア専門職の主席研究員兼シニア・プリンシパルエンジニアではありますが、特に…

インターネットを作りたい

インターネットを作り上げることができる、そんなコミュニティを作りたいとずっと思っている。

博士課程の予備審査にいってきました

僕が博士課程で研究していた「Webサーバの高集積マルチテナントアーキテクチャに関する研究」という内容で、僕が通っている京都大学大学院情報学研究科博士課程の予備審査にいってきました。研究室は岡部研究室になります。 予備審査は、僕が所属する大学院…

エンジニアが技術力を高めるもう一つの理由 - はてな・ペパボ技術大会を経て

はてなさんと共催で行った「はてな・ペパボ技術大会@京都」と「ペパボ・はてな技術大会@福岡」が無事終わりました。 http://developer.hatenastaff.com/entry/2016/06/21/131302 ペパボ社内では、はてなサービスとその技術力の高さのファンが多く、はてな…

PHPカンファレンス福岡2016に初参加しひとつの確信を得た #phpconfuk

先日PHPカンファレンス福岡2016に参加してきました。 一つ前の記事でここ半年の登壇についてまとめており、その中でPHPカンファレンスにも触れる程度にとどめていたのですが、PHPカンファレンス福岡の振り返り記事やツイートまとめの中で多くの方に僕の発表…

ペパボ福岡の技術的強みと働くメリット

について、先日イベントで講演してきました。 ちょうど自分自身、福岡にきて1年程度で、講演時に福岡出身の方に手を上げていただくとほぼ9割以上が福岡、または、九州の方だったので、いきなり自分が福岡の良さを語って良いのかピンチに陥りましたが、なんと…

2015年まとめ - 福岡という地でペパボに入社した

実績については、いつも通り実績ページにまとめているので、それを参照するとして、 松本亮介の研究・開発業績ページ by matsumoto-r 2015年は、2012年に一旦会社をやめて3年間大学院の博士課程で研究をやり直し、大阪から福岡に引っ越ししてペパボという会…

技術者が研究者のように論文を書くメリットはあるか

一度大学・大学院を修了した後に、研究職以外に就職した技術者は論文を書かなくなる事がほとんどだと思います。 僕は、一度インターネットのウェブサービスに関する企業で技術者をした後に、大学院に入りなおして同様の分野で論文を書き、現在再度技術者をや…

mvコマンドの--strip-trailing-slashesをデフォルト有効にして大丈夫か?

mvに--strip-trailing-slashesというGNUオプションがあるのは皆さんご存知だと思います。 指定された全ての引き数について、 後ろに付いているスラッシュを取り除く。 これは mkdir a; ln -s a la; mv la/ b' のような場合に役立つ。 この場合 POSIX の要求…

「たったひとつの教訓」という話をしました

社内での新卒研修を中心になってやってくれている okkunの提案で、キャリア・キーノートという取り組みを行っており、その中でWebオペレーション研修の記念講演ということで、恐縮にも自身のキャリアキーノートについて発表する機会を頂けたのでお話してきま…

Dockerエキスパート養成読本の献本を頂きました

Dockerエキスパート養成読本という素晴らしい本を縁があって @takipone さんから献本を頂きました。何が素晴らしいかというのを以下に述べていきます。 Amazon.co.jp: Dockerエキスパート養成読本[活用の基礎と実践ノウハウ満載!] (Software Design plus…

ペパボの新卒研修の技術に関する座学で「座学とは」「インターネットとは」という話をした

ペパボでは現在2015年4月入社の新卒研修に取り組んでいます。 その中で、研修の一つとして全職種向けに技術的な内容で座学を行っているのですが、それの初日を僕も担当することになり、一連の座学を経て何を得て欲しいか、座学をする目的は何かという話と合…

Webオペレーションエンジニアのアウトプットと開発力

という話を、社内のインフラチーム向けにしました。

学生として、フリーランスエンジニアとして、1年間子育てをして思った事

3月26日で子供が生まれてちょうど1年になるわけですが、この1年間学生とフリーランスエンジニアをやりながら子育てをしてきました。保育園に預ける事はせず、本当に朝から晩までつきっきりの生活です。超寝不足でした。 で、4月からは福岡にあるGMOペパボと…

楽しもうOSS開発 - mrubyで学んだ貢献の流儀と情熱

というタイトルでWEB+DB PRESS Vol.85に寄稿しました。発売日は2月24日です。Amazonでは予約もできます。 タイトル的には非常に恐縮で、僕がこんな記事を書いてしまって良いのか不安でしたが、編集者と査読者の方々の支えもあって無事書きあげる事ができまし…

オライリー・ジャパン Serverspec書評 - Serverspec及びSpecinfraの究極の目標とは

mizzyさんの執筆されたオライリー・ジャパンのServerspec本を頂きました。ありがとうございます。そして、執筆お疲れ様でした。 実際の発売日は2015年1月17日です。素晴らしい本ですので、是非ともご購入されてみてはと思います。 O'Reilly Japan - Serversp…

2015年の抱負 - 福岡で過去最高のエンジニア生活がはじまる

2014年の振り返りを簡単に書いたので、2015年の抱負なるものを書こうと思います。

2014年振り返り

今年は3月に子供が生まれたので、学問や研究・開発においてはほとんどやりたい事ができなかった一年でした。 でも、子供が0歳の間、父として世界で一番近くで長く接する事できたのは本当に良い経験で、この経験はきっと今後にもいきてくると思えます。 とい…

最近気になる服装

僕は元々革靴や革鞄、革小物さらには伝統のある紳士服が大好きだ。 その辺りについては、旧ブログでも散々言及してきた。IT技術系の記事よりも力が入ってる可能性もある。

研究者と技術者の狭間で感じた事 - 情熱が自分を変える

吉報は突然届くもので、本日、情報処理学会の山下記念研究賞の受賞が決定しました。

コードレビューとスタンフォード監獄実験

コードレビューにおいて、レビューする側の人間がレビューされる側の人間に対してどう接していくかという議論はいくつもされてきています。