読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間とウェブの未来

「ウェブの歴史は人類の歴史の繰り返し」という観点から色々勉強しています。

ngx_mrubyがHomebrewで超簡単にインストールできるようになった

Webサーバ お知らせ

タイトルの通りなのですが、つい先日Homebrewでngx_mrubyがインストールできるようになりました。

github.com

うおお、なるほど超便利と思って手元で試すと、mrbgemで使うライブラリのリンクまわりでコケていてビルドできませんでした。

そこで、必殺の「Hi, I'm ngx_mruby author.」PRによってバグ修正を最速でマージしていただき、無事ビルドできるようになりました事をここにお知らせします。

github.com

実際、ngx_mrubyをちょっと検証してみようかな、という用途でめちゃくちゃ便利で、以下のようにするだけであっという間にMac上でngx_mrubyを組み込んだnginxが動くようになります。

brew tap homebrew/nginx
brew install nginx-full --with-mruby-module

または、最新の全機能(mruby_ssl_handshake_handler_codeなど)を使いたい場合は、

brew install nginx-full --with-mruby-module --devel

として、nginx v1.9.10がインストールされるようにすればOKです。

えっ、便利過ぎる.......

インストールした後に、 /usr/local/etc/nginx/nginx.conf を適当に弄って、

        location /mruby {
          mruby_content_handler_code "Nginx.echo 'mruby hoge'";
        }

nginxを起動させます。

nginx

すると、ちゃんと以下のようにcurlでレスポンスが帰ってきます。

$ curl http://127.0.0.1:8080/mruby
mruby hoge

えっ、便利過ぎる............

ということで、Macをお持ちの方で手元で軽くngx_mrubyの挙動なり検証なりをお試し頂く際には、超絶便利になったこの方法で是非お試し下さい。