読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間とウェブの未来

「ウェブの歴史は人類の歴史の繰り返し」という観点から色々勉強しています。

HTTP/2へのmruby活用やこれからのTLS設定と大量証明書設定の効率化について

Webサーバ 研究 発表 運用

Webサービス事業者として僕が先行して調査したり研究・開発している技術の中で、Webサーバ設定におけるHTTP/2とそのmruby活用についてや、PFS(Perfect Foward Secrecy)を考慮したTLS設定と大量証明書設定の効率化について、社内のインフラエンジニア向けに技術共有を行いました。

内容としては、まずはざっくりと知ってもらう事を目的に、細かい要素技術について深く立ち入り過ぎない程度に、今後弊社でのWebサービスのインフラ技術周りのアーキテクチャを考える上で必要になりそうな事を中心にお話しましたので、少し汎用性に欠けるかもしれません。

特に技術的に見せられないような話ではないので、参考程度に公開しておきます。どこかで喋って欲しいみたいな依頼は随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

以下の二本立てです。

HTTP/2とmrubyの活用
  • HTTP/2時代のサーバ設定になぜmrubyが必要か
PFSを考慮したTLS終端とngx_mrubyによる大量ドメイン設定の効率化
  • nginxにおける大量ドメインの証明書を動的に処理する方法

上記について興味がある方は是非御覧ください。

HTTP/2とmrubyの活用

PFSを考慮したTLS終端とngx_mrubyによる大量ドメイン設定の効率化